×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

History of The Refractory

2001年11月
オリジナルメンバー(アキヨシ、Show、たかのり、坂マキオ)で初スタジオ。五反田ペンタにて。

2002年4月
Dr坂マキオ、通関士の勉強の為、銀座ライオン有楽町店にて「みんな将来のこと考えてんの?」という名台詞を残し脱退宣言。Drが空位となり活動停止。

2002年5月
横浜のバッティングセンターに、アキヨシ、Show、たかのり、コーディーで遊びに行く。その帰り道、コーディーが突然「俺ドラムやるわ」(ドラム未経験)と入隊宣言。はじめはからかい半分だったらしい。ミッシェルのコピーを始める。

2002年11月
渋谷ギグアンティックにてリフラクトリー初ライヴ!なぜか全曲ミッシェルコピー。

2003年2月
高円寺リッツにてリフラクトリー2ndライヴ。また全曲ミッシェル。

2003年8月
コーディー韓国へ行っているあいだに、取り残されたメンバーで作曲活動開始。帰国したら「M・G・U」と「湾岸DOVEオールナイト」の2曲が完成していた。

2003年10月
リフラクトリーを語る上で欠かせない名曲、「GIVE ME COCKTAIL」完成。さらに「絵梨花」を2週間で完成させる。 ミッシェル・ガン・エレファントの解散ライブをメンバーで見に行く。 オリジナル1stライヴイン川崎ボトムズアップ

2003年11月
明治学院大学文化祭に出演。

2003年12月
川崎ボトムズアップ出演(2回)

2004年2月
ひょんなことから渋谷屋根裏出演決定。ブッキング担当アカギさんから次回出演の打診があり、メンバーはしゃぐ。(たかのり以外)

2004年3月
ミキクン企画、高円寺リッツ出演。

2004年4月
渋谷屋根裏出演。

2004年5月
コーディーが教育実習中に、たかのりが8月にて脱退することを宣言。

2004年7月
渋谷屋根裏出演。

2004年8月
たかのり脱退ライヴイン渋谷屋根裏。リフラクトリー史上最高の盛り上がりを見せる。 たかのり脱退。活動停止。

2004年9-10月
メンバー募集活動。ネットにて「たか(加藤じゃないよ)」というネームにアキヨシが直感を感じコンタクトをとる。そして入隊へ。 吉祥寺クレッシェンドにて、3期メンバー初ライヴ。

2004年11月
渋谷屋根裏出演。

2004年12月
高円寺リッツ、府中フライト出演。

2005年1-2月
渋谷屋根裏出演。

2005年3月
コーディー会社の研修入り。入社へ。 アキヨシ内定辞退宣言。 コーディー配属先決定。国分寺市恋ヶ窪に勤務。活動を続けることが可能となる。

2005年4月
高円寺リッツ出演。 MTR購入。

2005年5月
レコーディング開始。リフラクトリー初CD制作へ。